料理を楽しむ

【超簡単な料理】おすすめ調理家電ノンフライヤーを使ってみた!

購入の動機

子供が高校生と中学生になり、昼食と部活でお弁当づくりが必要になったことと揚げ物料理は油の処理が大変そうで敬遠していたため、「揚げない、ヘルシー、調理と後片付けが楽そう」ということで買ってみました。

f:id:kenken_bronzelife:20190505082325j:plain

<調理家電ノンフライヤーとは>

ノンフライヤー(エアフライヤー)は、油を使わずに揚げ物ができるキッチン家電です。最高200度の熱風を上から下へ高速に対流循環させる技術で食材全体を一気に加熱し、油で揚げなくてもサクサクの揚げ物を作ることができます。

購入機種

最初は一番人気の2.2Lフィリップス製を検討していましたが、どれくらい使うかわからないことと容量がもう少し大きい方がいいのではと考えAmazo’s Choiceとカスタマーレビューを頼りにお手頃価格8500円のIKICH製の3.6L大容量フライヤーを注文しました。

f:id:kenken_bronzelife:20190505083137j:plain

使った感想は?

とりあえず冷凍フライドポテトを買ってきて、つくってみました。

予熱のため、温度設定、時間設定とONのボタンを押して、5分で予熱完了。

その後、バスケットに凍ったままのポテトを入れて同じようにボタンを押したら、後は待つだけの超簡単!

続いて市販のとんかつも試してみました。

重ならないようにするには3枚が限度でしたが、無理やり4枚を調理。

180度で10分焼いてみましたが、ちょっと時間が足りないみたいで5分を2回追加。

仕上がりもバスケットを出せば、すぐに確認できるので焦がすこともなく、便利です。

結局20分焼いてみたところ、パン粉の焦げ目は今一つでしたが、味の方は全然問題なし。

これはいい!

f:id:kenken_bronzelife:20190505083759j:plain f:id:kenken_bronzelife:20190505083822j:plain f:id:kenken_bronzelife:20190505083841j:plain

今後試してみたい食材

やっぱりから揚げかな!

自分でつくったことがなかったので、近々挑戦してみよう!

といっても下準備したら、ボタンを押すだけですが(苦笑)

I

KICH 電気フライヤー ノンフライヤー 3.6L大容量 エアフライヤー ヘルシーフライヤー 油無し LCDディスプレイ 6つ温度調節モード タイマー機能 過熱保護 日本語説明書 レシピー付き

 

以上、「調理家電ノンフライヤーを使ってみた!」の記事でした。

 

ノンフライヤーは他にもサイズなどの違いで色々ありますよ。


【2019新発売】Newモデル!フライヤー 電気フライヤー VPCOK 揚げ物 油無し ノンフライヤー エアフライヤー 大容量 2.6L 1~4人に適用 スマートディスプレイ&タッ チパネル 日本語説明書付き 12ヶ月保証期間


ショップジャパン 【公式】カラーラ [メーカー保証1年付] ノンフライヤー ヘルシー 時短 調理器具


フィリップス ノンフライヤー 電気フライヤー 揚げ物、グリル、ロースト、ベイク対応 高速空気循環技術  2.2L/800g HD9216/66 レッド

ABOUT ME
アバター
kenken
音楽、映画、運動、料理、お出かけ、AV家電などが大好きです。 福岡出身→大阪単身赴任→福岡に戻り、家族と楽しむ会社員。 2019年にブログ、ツイッター、インスタグラム開始のSNS初心者。 自身が興味があること、楽しんでいることをブログで発信します。 ご覧いただく記事が何かのお役に立てればうれしいです。