料理を楽しむ

【やっぱり簡単】おすすめ調理家電ノンフライヤー、二度目のチャレンジ!

ノンフライヤーってどんな調理家電?

<調理家電ノンフライヤーとは>

ノンフライヤー(エアフライヤー)は、油を使わずに揚げ物ができるキッチン家電です。最高200度の熱風を上から下へ高速に対流循環させる技術で食材全体を一気に加熱し、油で揚げなくてもサクサクの揚げ物を作ることができます。

コロッケ・フライドポテト・白身フライ・から揚げなど、フライヤーに入れれば、油なしで焼くことができます。

スーパーで買ってきた冷凍ものもそのまま入れて、つくることができます。

f:id:kenken_bronzelife:20190518142738j:plain

つくってみた食材は?

今回は冷凍から揚げをつくってみました!

と偉そうに言ったものの、ただ単に袋から開けて、バスケットに入れて、ボタンを押しただけですが。

f:id:kenken_bronzelife:20190519194415j:plain

出来上がりはどう?

油で揚げたみたいにジューシーとは言えませんが、ふつうにおいしく仕上がります。

食べてみても、全く違和感はありません。

逆に油で揚げないので、胃もたれするようなこともありません。

また調理する際に余分な油はバスケットパンに落ちる仕組みになっていますから、

よりさっぱりと食べることができます。

油たっぷりのから揚げが好みの方には物足りないかもしれませんが、ヘルシー志向の方にはおすすめです。

私はヘルシー志向というわけではありませんが、簡単志向なので選んでいます。

f:id:kenken_bronzelife:20190518143000j:plain f:id:kenken_bronzelife:20190518143026j:plain

お片づけは大変?

つくるのが簡単なので一つのポイントだとしたら、もう一つのポイントが片付けが簡単ということです。

下の写真がから揚げを揚げたあとのバスケットパンです。

油とから揚げ粉が少し溜まっている程度です。

キッチンペーパーで拭くだけでも十分きれいになります。

これが油で揚げるとなると、後片付けは調理後の熱い状態の油に凝固剤を入れて、油が固まった後、「燃えるゴミ」として捨てなければならず、結構な手間がかかります。

この差はすごく大きいです。

ということで、2回目のチャレンジのレポートを終わります。

また何かつくったら、3回目もレポートしたいと思います。

f:id:kenken_bronzelife:20190518143921j:plain

 

IKICH 電気フライヤー ノンフライヤー 3.6L大容量 エアフライヤー ヘルシーフライヤー 油無し LCDディスプレイ 6つ温度調節モード タイマー機能 過熱保護 日本語説明書 レシピー付き

 

以上、「調理家電ノンフライヤー、二度目のチャレンジ!」の記事でした。

 

ノンフライヤーは他にもサイズなどの違いで色々ありますよ。


【2019新発売】Newモデル!フライヤー 電気フライヤー VPCOK 揚げ物 油無し ノンフライヤー エアフライヤー 大容量 2.6L 1~4人に適用 スマートディスプレイ&タッ チパネル 日本語説明書付き 12ヶ月保証期間


ショップジャパン 【公式】カラーラ [メーカー保証1年付] ノンフライヤー ヘルシー 時短 調理器具


フィリップス ノンフライヤー 電気フライヤー 揚げ物、グリル、ロースト、ベイク対応 高速空気循環技術  2.2L/800g HD9216/66 レッド

ABOUT ME
kenken
kenken
音楽、映画、運動、料理、お出かけ、AV家電などが大好きです。 福岡出身→大阪単身赴任→福岡に戻り、家族と楽しむ会社員。 2019年にブログ、ツイッター、インスタグラム開始のSNS初心者。 自身が興味があること、楽しんでいることをブログで発信します。 ご覧いただく記事が何かのお役に立てればうれしいです。