音楽を楽しむ

【コンサート初体験の思い出】40代で初めてコンサートに行ってみた!

音楽と私

2年程前の話になりますが、48才の迎える頃、干支でいうと12年サイクル。

49才からの12年が最後の1サイクルになるかもしれないという思いから、終活の気持ちが強くなりました。

そして、色んなことで後悔しないように興味があること、気になっていることは進んで経験しようということに。

私は一般的にかなり音楽好きの部類に入るのではないかと思います。

しかも聴く方で。

洋楽CDの所有枚数は2000枚を超え、音楽DVDも500枚ほど持っています。

それなのに1回もコンサートに行ったことがありませんでした。

行かなかった理由は特にないのですが、行ったことがないのでコンサートに行くという概念が自分の中にありませんでした。

そのため、いつどんなアーティストのコンサートがあるということをチェックすることもありませんでした。

今考えると、今住んでいる福岡よりも単身赴任で2年ほどいた大阪の方が色んな洋楽アーティストが来ていると思うので、もったいなかったかな。

下の写真は今は住んでいませんが、そのままになっている実家の私の部屋のCD棚の一部です。

こんな棚が5つくらいあります。

f:id:kenken_bronzelife:20190922225730j:plain

行きたいコンサートを探そう!

まずは行きたいコンサートを探さなければ!

ということで福岡、洋楽、コンサートで検索すると一つだけ私の行きたいコンサートが見つかりました。

それがMr.BIG(ミスター・ビッグ)というアメリカのバンドです。

全米No.1シングル「To Be With You」を聴いたことのある方は多いかもしれません。

元々、VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)という同じくアメリカのバンドのDAVID LEE ROTH(デヴィッド・リー・ロス)というヴォーカルが好きだった私は、彼がVAN HALENを脱退した後、自身で結成したDAVID LEE ROTHバンドのベーシストBilly Sheehan(ビリー・シーン)が参加したバンドが先述のMr.BIG(ミスター・ビッグ)でした。

そして、このバンドは実力派ミュージシャンが揃ったスーパーバンドで本国アメリカよりもなぜか日本で大人気となったバンドです。

このバンドが福岡市民会館という1770席というこじんまりとした会場に来るということでチケットを購入しました。

f:id:kenken_bronzelife:20190922230918j:plain

ついにコンサートに行くことに!

そして、コンサート当日を迎えました。

早めに出かけたので、博多駅から3㎞ほどあるコンサート会場まで歩いていくことに。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124840j:plain

博多山笠の櫛田入りで有名な櫛田神社です。

f:id:kenken_bronzelife:20190917123902j:plain

山笠が奉納されています。

f:id:kenken_bronzelife:20190917123910j:plain

そして、中洲の川端通り商店街。

f:id:kenken_bronzelife:20190917123913j:plain

商店街を抜けると大きな通りに。

f:id:kenken_bronzelife:20190917123948j:plain

そして、コンサート会場の福岡市民会館に到着。

私自身、ここに来るのは高校の予餞会以来ですので、何と30年ぶりです。

f:id:kenken_bronzelife:20190923002943j:plain

 

会場の外側にはコンサートのポスターも貼ってありました。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124009j:plain f:id:kenken_bronzelife:20190917124019j:plain

行列があったので、訳も分からず並んでみるとアーティストグッズを販売しているライブ物販でした。

CDやTシャツなどが売っていましたが、特に興味がなく、買いませんでした。

f:id:kenken_bronzelife:20190923003035j:plain

いよいよコンサート開始です。

そして、コンサートのあるホールへ入場。

思ったよりもステージが近くに見えます。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124030j:plain

そして、コンサートが始まりました。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124052j:plain

音響もライティングがすごくて、気分も超盛り上がり状態です。

ちょっと照れくさくて、残念ながら、コールなどはできませんでした。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124314j:plain

そして、大興奮の中、ステージは終了。

初めてのコンサート、やっぱり来てよかったです。

何でも気になることは一歩踏み込むことが大事なんですね。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124816j:plain

さあ、帰路につこう!

コンサートの余韻に浸りながら会場を出るともう真っ暗。

f:id:kenken_bronzelife:20190923002838j:plain

遠くに中洲のネオンが見えます。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124825j:plain

そして、博多駅。

あとは電車に乗って、家に帰るだけです。

f:id:kenken_bronzelife:20190917124830j:plain

初めてのコンサートの感想

やっぱりCDで聴いたり、ライブ映像をDVDなんかで見るのと違って、生で歌ったり、演奏しているのは見るのは最高でした。

よく考えてみるとCDやDVDなんかは本人たちが演奏している記録ですから。

もちろん何度も繰り返して見たり聴いたりできるのはCDやDVDですから、その良さも当然あります。

でもコンサートで体験したことは後になってもすごく心に残ります。

そして、今回のMr.BIG。

パーキンソン病を患い通常演奏ができなくて、サポート・ドラマーと共にパーカッションとコーラスで参加していたドラムのPat Torpey(パット・トービー)。

この4ヵ月後に亡くなりました。

私の初めてのコンサートがパット・トービーとのお別れの場となってしまいました。

通常演奏ができなくなったパットをメンバーから外すこともなく、コンサート内でもパットの生い立ちをスクリーンで紹介するコーナーがあったりとずっとオリジナルメンバーで続けている人間的にも素晴らしいバンドです。

まだ1回しか行ったことがないコンサートがこのコンサートでよかったです。

行きたいコンサートがあれば、また行ってみようと思います。

以上、「40代で初めてコンサートに行ってみた!」の記事でした。

ABOUT ME
アバター
kenken
音楽、映画、運動、料理、お出かけ、AV家電などが大好きです。 福岡出身→大阪単身赴任→福岡に戻り、家族と楽しむ会社員。 2019年にブログ、ツイッター、インスタグラム開始のSNS初心者。 自身が興味があること、楽しんでいることをブログで発信します。 ご覧いただく記事が何かのお役に立てればうれしいです。